写真管理 石井峻志

2009年に入社してカメラと写真に出逢って、現在8年目。チラシやポスターなどに使用する商品や食材の撮影と、撮影画像のデータ補正・加工業務に携わっています。
「美味しそう!」とお客様に感じてもらえる写真の「シズル感」は、お客様であるスーパーマーケット様の売上を左右する最も大切な要素の一つです。食材を中心とした撮影と画像データの専門家として、いかにして美味しそうな写真を創造し、また消費者の購入意欲を高めることができるかを常に考えて画像と向きあっています。
食材撮影のプロとして、スーパーマーケット様の販促ご担当者が求める意向をしっかりとつかみ、そのチラシでの狙いを読み取ることで、お客様が求める写真を想像を超える品質で仕上げる。そこに仕事としての手応えを感じますね。それにデジタルの技術が日に日に進化する現在、撮影技術や画像加工技術もつねにその先を行かねばなりません。時代に追いつくのではなく時代を先取りするように、つねに新たな手法・技法を持つカメラマンとして、また画像加工のスペシャリストとして、自分自身が進化しつづけたいと思っています。

自分の作品が、世の中の生活の中で息づいていること。
それが一番の喜び。

自分の撮影した画像は、ある意味で自分の子どものようなもの。それが実際にスーパーマーケット様の売場や店舗に展開されているのを目にすると『自分の仕事が世の中に息づき、役に立っているんだな』と実感しますね。それともうひとつ。商業カメラマンとしては、お客様に『売上が上がった』と言われることが最高の喜び。作品を通して世の中に動きを与えられることはクリエイターとして最高の誇りだと思います。

石井さんの必携GOODS

「パワーストーン」

特に神秘に興味があるわけではないんですが、買ってから今日までいつも身につけています。商品撮影のセッティングやカメラ操作の邪魔にもならないし、さりげなく一緒にいてチカラを添えてくれるような安心感があります。

スーパーマーケットの販促を強化できる‼東洋印刷がチラシで選ばれる3つの理由